インドアのすすめ

30代後半の独身男性。インドア生活を楽しくするヒントと日々の出来事。

蕎麦屋のカツ丼

昨日のお昼はお蕎麦屋さんに行きました。
蕎麦屋といっても高級な手打ち蕎麦ではなく、うどんとか定食とかもおいてる大衆店。
そこで蕎麦でもうどんでもなくカツ丼を食べてきました。

カツ丼といえば、朝ドラ「半分、青い」で主人公の鈴愛ちゃんの実家が食堂なのですが、主人公の弟が開発したカツ丼が大ヒットしています。メレンゲ状のふわふわの卵を使った洒落たやつで、今でいうところのインスタ映えするってやつですかね。私はああいうカツ丼は苦手なんです。もっと普通というか、昔からあるベーシックなカツ丼がいいんです。わかりやすく言えば警察の取り調べて出てきそうなやつです(笑


カツ丼に限らず、例えばオムライスもふわふわ半熟のたんぽぽオムライスより昔っからある喫茶店で出てくるような古典的なやつが好きだし、新しいものを拒みがちというか保守的なんですかね〜

ということで蕎麦屋のカツ丼が好きなんです、しかもあんまり高級じゃないやつ。蕎麦のかえしを使っているので出汁がきいてうまいんですよね。昨日行ったお店はだし汁がたっぷり、いわゆるつゆだくのカツ丼でした。

蕎麦屋のカツ丼


カツ丼って家で作ろうとは思わない料理ですよね。まずトンカツを作らないといけませんもんね。手間がかかるので丼モノ作るんだったら親子丼とか牛丼とかになっちゃいます。だから飲食店に行ってカツ丼があるとつい食べてしまいます。しかも蕎麦屋とかうどん屋だと尚更ですね。