インドアのすすめ

30代後半の独身男性。インドア生活を楽しくするヒントと日々の出来事。

最悪な昼ごはん

一昨日のことだったか、お昼はいつも家で食べるのですが、この日は仕事で出先だったので、近くの食堂で昼飯を食べることにしました。ここの食堂のトンテキは絶品なのでウキウキしながら入店。メニューを見ることなくトンテキ定食を注文しました。

トンテキを待っている間にスマホでネットニュースを見ていると、悲惨なニュースが目に。青森県で飲酒運転の事故があり4人が死亡したとのこと。飲酒運転って各方面からあれだけダメって言われているのに、なんで無くならないんでしょうね。

詳しく読んでみると、犯人たち3人は自宅でバーベキューをして酒を飲んだようです。その後に、飲み足りなかったのか大雨の中、車で街に飲みに行く出かけました。その途中、片道一車線の国道で時速130キロの猛スピードで前方の車に突っ込んだのだとか。確か、犯人たちは30代だったと思います、いい大人です。情状酌量の余地は一切なし、もう本当に救いようがない事件たちだと思います。

しかも亡くなったうちの一人は代行運転で帰宅する途中だったようです。ルールを守っている人がルールを無視した人から危害を加えられる、といゆうか今回の場合は殺されている。飲酒したのに運転した犯人は生き延びて、飲酒したから運転しなかった被害者が死ぬ。たまったもんじゃありません。世の中はなんて理不尽にできているのか。

いろいろと考えているとトンテキ定食の到着。

トンテキ定食


こんなニュースを耳にして、悲惨な事故現場の写真を目にして、ご飯が美味しく食べれるはずがありません。最悪の昼飯になりました。悶々とした気持ちの中、トンテキ定食を黙々と食べて店を後にしました。

自らの意思で握ったハンドルで4人も罪のない人を殺めたのにもかかわらず、現在の日本の法律では殺人罪には問われないそうです。

罪状はおそらく危険運転致死傷罪、ということは死刑判決はないのでしょう。ですが、亡くなった4人のためにも、犯人には出来る限りの厳罰を科してほしいものです。

そして、飲酒運転はダメゼッタイ