インドアのすすめ

30代後半の独身男性。インドア生活を楽しくするヒントと日々の出来事。

昼休みに会社から家に帰って過ごすようになった

家が会社の近くになってからというもの、お昼ご飯を家に帰って食べています。お昼に一時帰宅できることは会社の近くに住むことで一番大きなメリットだと思います。会社の近くに住むメリットは↓の記事に書いています。

www.indoorlife.net

今現在、会社から遠くの賃貸マンションなど持ち家以外に住んでいて引っ越しを考えている方にはぜひ近くに引っ越すことをおすすめします。通勤時間の短縮にもなりますし、なにより会社の昼休みに帰宅できるのですから。

うるさい女子社員のおしゃべりの声で休憩なのに疲れてしまったり、嫌いな上司と一緒に昼食を食べるのはストレスがたまりますが、家に一時帰宅することで昼休みが有意義に過ごせます。僕の場合は昼休みを少しでもゆっくり過ごすために、前の日の夜におかずを作っておきます。ご飯も冷凍で小分けにしておいて冷凍ご飯を温めたらすぐ食べてるようにしておきます。

 

ガパオライス風の昼ごはん

写真はある日のなんちゃってガパオライスです。
具は前の日に作っておいたので目玉焼きを作る間に温めるだけなので調理時間は5分もかかりません。いつもこんな感じです。

僕は麺類が好きなので外食するとラーメンとかうどんとか蕎麦とかばっかりになってしまいます。ささっと食べれるのもいいのですが麺類だけだとどうしても栄養が偏ります。外食と違って自炊だとしっかり野菜もとるよう心がけます。しかも自炊すると自分で量を調整できるものいいんですよね。外食だと量は決まっているので調整するのが難しいです。ご飯の量を気持ち減らすだけでもダイエットになります。それに、外食より自炊のほうが圧倒的に経済的です。これも大きなメリットですね。

ご飯を食べた後はゆっくりテレビを見たり、漫画を見たりして時間まで過ごします。家が会社の近くだと時間ギリギリまでくつろげるのがいいんです。今までは外食だとどうしても中途半端な時間が余って結局会社に早く戻ったり、車の中で過ごしたりしてくつろぐことができませんでした。

僕はブログのタイトルにもある通りのインドア派なので自分の家、自分の空間が一番落ち着くのです。なので、平日の仕事の合間に家に帰って休憩を取れるという環境を作れたことで仕事のストレスを大幅に軽減できたと思っています。もちろん外食したいときは外食もできるので家で食べるか外食かを選べるのもいいですね。

こんな感じでお昼を十分に休めると午後からの仕事もはかどりますし、お昼ご飯の量を調整しているので食べ過ぎて眠くなることがないのもいいですね。午後からのデスクワークの時に眠いと地獄ですし、車の運転も危ないですもんね。

お昼を家で食べるようになってから日々の生活が上手く廻っているので、今後も継続していきたいと思います。インドア派ややっぱり自分の家が一番ストレスフリーなんだなと改めて思う今日この頃です。会社での昼休みを苦痛に感じている方には引っ越してでも家で休憩をとることをおすすめします。きっと生活が改善されると思いますよ。