インドアのすすめ

30代後半の独身男性。インドア生活を楽しくするヒントと日々の出来事。

会社の飲み会をスマートに断る方法

会社の飲み会が嫌いな人はもちろんですが、好きな人もたまには断りたい時がありますよね。一昔前多くの会社で上司や先輩からの飲み会のお誘いは絶対行かなけれなならないみたいな暗黙のルールみたいな空気がありましたが、今となっては時代錯誤です。

仕事が終わって部下を無理やり飲み会に参加させたらパワハラで訴えられる時代なんです。とは言っても、下手に断ると人間関係が悪化したり、後々仕事がやりづらくなったりしそうだったり、断るにも気を使います。誘われた相手が先輩や上司の場合はなおさらですね。

飲み会の風景


断る相手を不快にせずに、人間関係を悪化させないスマートな”言い訳”が大事になっています。そこで会社の飲み会を断るスマートな言い訳をまとめてみました。会社の飲み会な嫌いな僕自身が試してみて上手に断れたものばかりを集めています。

 

飲み会は他人を巻き込まずに断る

人間関係

まず大前提として飲み会などの誘いを断る言い訳で、もし嘘をつく場合は友人や知人を巻き込んだ嘘はつかないほうが無難です。例えば「友人と先約がある」など、他人を巻き込んだ嘘をついてしまうと万が一嘘がばれた時にあなたの信用が一気に失われるからです。一緒に住んでいる家族ならまだしも、他人を巻き込むと思わぬ機会から嘘がばれることがあります。飲み会を断ることで相手との関係を悪化させまいとついた嘘が結果的に関係を悪化させてしまう可能性があります。飲み会を断るための嘘は相手のことを思いやって仕方なくつく嘘なので出来るだけ周囲を巻き込まないようにしましょう。

 

1.体調不良で行けない

体調不良

一番定番な言い訳、体調不良です。体調不良といってもいろいろありますが、僕の場合は普段からお酒を飲むので飲み過ぎによる体調不良で断ることが多いです。普段家でお酒を飲まない人だと「風邪気味なので」「寝不足なので」「昨日食べすぎで胃の調子が悪いので」などなどいろんなバリエーションがあるので体調不良は便利だし、不健康そうな人ほど使いやすい言い訳ですね。

【例文】

「昨日、飲みすぎで体調が悪いので、今日は遠慮させていただきます。」
「風邪気味で悪寒がするので今日は大事をとって早めに休みたいと思います。」



2.家に作り置きの料理がある

炊きたてのご飯

一人暮らしの方は家に今日食べるご飯がある場合や、炊飯器のタイマーをセットしてる場合はそのことが言い訳にできます。企業も経費節減をうるさく社員に押し付けてくる時代ですので「捨てるのはもったいないので」と一言そえましょう。これであなたの上司は何も言えなくなります。また、結婚しいてたり彼氏彼女と同棲している場合は家でご飯を作って待ってくれている人がいる場合もありますよね。今の時代、会社より家庭が大事なのは当たり前です。上司との飲み会より家族団欒を優先させましょう。

【例文】

「炊きたてのご飯が食べたくて炊飯器のタイマーをセットしてきちゃいまいた。」
「今日は妻が料理を作ってくれています。」

 

3.資格や英会話などキャリアアップの勉強のため

勉強

会社が終わって勉強するという人をしつこく誘う人はあまりいません。僕の場合はオンライン英会話を受講しているのですが、オンライン英会話は事前に講師を予約しなければ受講できないので断りやすいです。自分だけの都合でなくなっていますもんね。

↓↓↓ちなみに僕のオンライン英会話記事はコチラ。是非読んでみてください。↓↓↓

www.indoorlife.net

【例文】

「今日は19時からオンライン英会話を予約してます。」
「最近、〇〇の資格試験の勉強をしいてます。」

 

4.海外ドラマにハマっているので

テレビ

これは別に海外ドラマじゃなくて、日本のテレビ番組でもいいんですが、海外ドラマって中毒性があるじゃないですか、24やプリンズンブレイクみたいなやつです。海外ドラマのほうが続きが気になって早く帰ってみたい!という感じが伝わるので飲み会を断りやすい気がします。それか民放の番組を録画し忘れたというかですね。ちなみに、そのドラマを本当に見ていないと会社にファンがいた場合、嘘がばれるかもしれないので注意が必要です(笑)

【例文】

「ドラマの続きが気になりすぎてどうしても早く見たいのです。」
「今日どうしてもみたい番組を録画し損ねてしまいました。」

 

5.時間指定の宅配便が届くため

宅配便受け取り

これは意外と使えますよ。一人暮らし以外でも共働きの家庭も増えてますしね。昨今、宅配ドライバーの激務が社会問題になっているので、事前に時間指定したのに家にいないのはまずいという言い訳は筋が通るのです。食品とかクール便とかだとなおいいですね、さらに再配達が依頼しにくいので。

【例文】

「通販で買った荷物が今日の19時〜21時の間に届くんです。」
「お取寄せしたアイスがクール便で夜届くので帰宅しないといけません。」

 

6.レンタルDVDの返却期限が今日まで

レンタルDVD

TSUTAYAなどでDVDや漫画などをレンタルする人は使える言い訳ですね。誰だって延滞金払うのは嫌ですもんね。ちなみに僕はすでに延滞金が発生してる状態だったので飲み会を断ったことがあります。

【例文】

「DVDの返却期限が今日なのでツタヤに返却にいかないといけません。」
「返却期限が過ぎているDVDが家にあるのを思い出しました。」

 

7.ダイエット・食事制限をしている

食事制限
最近では糖質制限していたり様々な食事制限によるダイエットをしている人が増えています。体が資本の社会人ですので本人の健康意識を妨げることはできません。世間的に健康志向が高まっているので十分断る口実として使えます。

【例文】

「糖質制限中で自炊したいので遠慮させて頂きます。」
「ダイエットしていて夜は食事を控えています。」

 

8.家事や洗濯物がたまっているため

洗濯物

一人暮らしの方は特に使える断り文句だと思います。ズボラな男性だと明日着ていくものないというニュアンスのことを言えばいいですからね。既婚者でも最近は家事分担が基本ですもんね。

【例文】

「洗濯物がたまっていて明日着ていくワイシャツもないんです。」
「今日は私が家事担当の日なんです。」

 

9.ネット通販のセールに参加したいから

ネット通販

アマゾンプライムセールや楽天スーパーセール・お買い物マラソンなどネット通販では期間限定のセールが開催されている時があります。当たり前にネットショッピングを利用する時代なので自然な断り方ができます。

【例文】

「今日は楽天スーパーセールでじっくり買い物したいんです。」
「お気に入りのネットショップが今日の夜から限定商品を販売するんです。」

 

10.金欠を原因に断る

金欠の男性

これは僕が20代の時によく使っていた方法ですが、最近は変なプライドが邪魔して使っていません(笑) 独身だったらお金がないとストレートに言いえばいいし、既婚者の場合はマイホームや子供の教育費を挙げてもいいかもしれませんね。

 

【例文】

「今月は買い物や遊びでお金使いすぎて金欠なんです。」
「マイホームを建てようと計画しているので節約したくて。」

 

まとめ

飲み会の断り方にもいろいろあります。出来るだけ相手の心証を悪くせずスマートに断れるように自分の立場や状況によっていろいろな断り方を使い分けたいですね。これ以外にも皆さんが実際に使っているいい断り方があったら教えてください。