インドアのすすめ

30代後半の独身男性。インドア生活を楽しくするヒントと日々の出来事。

「難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください」のレビュー

数ヶ月前からオンライン英会話を受講しているので英会話に関する本でも読んでみようと思い評判の良さそうな本を選んで読んでみました。ちなみにオンライン英会話はレアジョブでやっています。英会話超初心者の僕がレアジョブでオンライン英会をやってみたレビューはこちらから↓

www.indoorlife.net
今回読んだ本は「難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください」
というタイトルの本です。NHKのラジオ講座や著名人への英会話レッスンで高い評価を受けているネイティブ講師・スティーブ・ソレイシィ先生が、初心者でも本当に英語が話せる方法を教えてくれるという内容です。

楽して英語が話せるようになりたい日本人男性とネイティブ英会話教師の会話がチャット形式で書かれているのでLINEの会話を読んでる感じで非常に読みやすく、タイトル通り気軽に読める内容になっています。 

 

登場人物に共感できた

まず、生徒役の男性が僕と同じくらいの英語力なのがよかったです。大卒で英語は学生の時にある程度勉強しているのに全く英語を話すことができない感じです。僕も同じような状況で英会話を始めたので生徒役の男性と自分が重なって共感して読むことができました。

英語が話せるようになるには英語を話すしかない

これは当たり前のことですが、この本を読んで”英語が話せるようになるには英語を話すしかない”ということを改めて実感しました。ソレイシィ先生いわく、日本人は「聞き流すだけで英語が話せるようになる」とか「たった1ヶ月の勉強で英語がしゃべれるようになる」といったキャッチコビーの教材に高額のお金を払う傾向にあるけど、そんな教材では絶対に英語は話せるようにはならないそうです。


英語が話せるようになる最短ルートとしてオンライン英会話とスピーキングテストをオススメしていました。まさに僕が今、英語が話せるようになりたくてオンライン英会話を受講しているので、勉強法としては間違っていないんだと認識できたのもこの本を読んでよかった点です。

何かを習得するには実践あるのみ

泳げるようになるには泳ぐ練習をしなければならないし、足が速くなりたい人は走る練習をしなければならない。それと同じように英語が話せるようになるには話す練習をしなければならない。単語や文法をどれだけ練習しても英語は話せるようにはならない、実践あるのみという感じのことを言っていました。

これは本当にそうだと思います。僕はTOEICで高い点数を取りたいわけではなく、海外旅行に行った時に英語を不自由なく使えたり、もし外国人に道を聞かれたりしたときに難なく答えられるようになりたいのです。周りに外国人がいない環境ではやはりオンライン英会話は最強の実践ツールでした。

具体的なレクチャーもあったのがよかった

オンライン英会話で勉強すればいいというだけでなく、実践で使える具体的な言い回しやテクニックを教えてくれたのも良かったです。例えば、冠詞を付けるときに「a」と「the」で迷ったら「ん」と言えば大丈夫とか、manyとかmuchじゃなくてa lot ofを使っとけば迷わないなどネイティブならではの実践的なレクチャーは読んでいておもしろかったです。

でもやっぱり文法はある程度必要

英語を話せるようになるには英語を話すしかないのは間違いありませんが、文法や語彙力が全く必要ないわけではないということも再認識しました。この本で書かれている内容は最低でも中学校で習う程度の文法や語彙力が前提の話になると思います。なので、中学の時の英語の時間は寝ていた〜なんていう人は基礎的な文法を少し勉強してからこの本を読んだほうがよさそうです。学生時代に英語を勉強していたけど英語が話せない、というひとにピッタリの内容だと思います。