インドアのすすめ

30代後半の独身男性。インドア生活を楽しくするヒントと日々の出来事。

10月からIPO投資を始めました

5年ほど前から、余剰資金を使って株式投資やFXをちまちまやっています。しかし利確、損切りの繰り返しで一向に資産が増える気配がありません(^^;)

まあ損をしてないだけまだいいのですが、僕みたいな凡人が裁量トレードで儲けようと努力するのは時間と労力の無駄だと思い、10月からIPO投資を始めることにしました

f:id:coppergoat:20181025142201j:plain
ちなみにドルコスト平均法でインデックス型の投信を積み立ているのですがそちらは結構利益が出ていますので今まで通り続けていきたいと思います。

主に楽天証券でトレードしていたので、たまにトレードする用の資金を数十万だけ残して、すべて引き上げました。引き上げた資金を新規に開設した証券会社の口座に振り分けて出来るだけたくさんの証券会社からIPOに募集することにしました。

 

IPO投資は儲かるのか?

IPO、つまり新規公開株を抽選で引き当てるのは宝くじを引き当てるようなものだと言われています。銘柄によって人気の差があるので正確にはわかりませんが、証券会社にコネもない僕がネットでブックビルディングに参加して当選する確率は1%~0.1%といったところでしょうか。

100回応募して一回当たったら儲け物ぐらいに考えておいた方がよさそうですね。一年間申込続けても一回も当選しないかもしれません。ただ、IPO投資は通常の株式投資と違ってリスクが極端に少ない投資方法です。公募割れしそうな銘柄はあらかじめ予測できますし、そもそも応募だけなら無料できます。それこそがIPO投資の最大のメリットだと考えます。

 

とりあえずたくさんの証券会社に口座開設をしました

当選確率を少しでも上げるためにたくさんの証券会社から申し込まなければいけないので、新規で11社ほど新規口座開設をしてみました。新規口座開設した証券会社は以下の11社になります。

SBI証券
野村證券
大和証券
みずほ証券
東海東京証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
エイチ・エス証券
ライブスター証券
松井証券
むさし証券

以上、11社の証券会社から該当のIPOに申し込んでみたいと思っています。IPO投資をしている人なら上の証券会社のリストを見て一つツッコミをいれたいところだと思います。

「SMBC日興証券がないじゃない」

そうなんです、取り扱いIPO数がトップクラスで主幹事も多いのでIPO投資には必須といわれている日興証券にはなぜか口座開設していません。

理由はあまり仲がよくない親戚のおじさんが勤めているので何となくスルーしてしまいました(^^;) IPO投資するなら是非おさえておきたいところですが仕方ありません。

 

10月の結果報告

f:id:coppergoat:20181025150640j:plain

ということで、今月上場する銘柄は全て当選結果がでていますので10月の結果報告です。10月上場のIPOは9社でしたが、口座開設のタイミングでブックビルディングに参加できたのは5社でした。


プリントネット
SBI 落選
岡三オンライン 落選
マネックス 落選


ギフト
野村(主幹事) 落選
SBI 落選

ディアイシステム
SBI 落選
岡三オンライン 落選

リーガル不動産
SBI 落選
東海東京 落選
岡三オンライン 落選

VALUENEX
SBI(主幹事) 落選
大和 落選
エイチエス 落選
むさし 落選

10月IPO当選結果
5戦0勝5敗

もちろん全敗です(^^;)まあ、当たり前の結果ですが残念ですね。やはり日興証券に口座がないのは不利ですね、でもしょうがないです。11月もめげずにどんどん参加していきたいと思います。参加するのはタダですからね!