インドアのすすめ

30代後半の独身男性。インドア生活を楽しくするヒントと日々の出来事。

自殺島の漫画レビュー・感想(ネタバレなし)

今回は自殺島の漫画レビューです、ネタバレなしで書きますね。この漫画・自殺島は全17巻で既に完結しています。森恒二先生の作品は前作のホーリーランドも読んでいるので二作目になります。森先生の作品の特徴は人間の内面的な悪の部分の描写だと思います。憎悪や嫉妬心、欲望の描写をわかりやすく描くのが上手い方だと思います。

あらすじ

自殺未遂を繰り返し「生きる義務」を放棄した者達が送られる日本近海の孤島・通称「自殺島」に送られた自殺未遂常習者達が命の意味と向き合いながら生きていく物語です。自殺島は通常の日本国内と違って法の支配が及ばない完全な無法地帯です。そんな環境の中で渦巻く人間ドラマがリアルに生々しく描かれています。サバイバル生活と人間ドラマという二つの柱を軸に物語が進んでいきます。

狩りやサバイバルの描写がリアル

作者はこの作品を描くために何度も南の島に行って海で突き漁をしたり、猟師と山に入って実際のサバイバルを取材しているそうです。その取材のおかげで自然豊かな無人島でのサバイバルの描写がとてもリアルです。実際にアウトドアで実践できそうな豆知識のたくさんでてくるので勉強になります。実際に体験してから作品にするという作者のプロ根性には脱帽です。

人間の醜い部分の描写がすごい

自殺島での生活は派閥争いや権力争いが頻繁に起こります。時には死者が出たりすることもあります。そんな死と隣り合わせの状況で浮かび上がる人間の弱さ、醜さ、つまり人間の醜い部分を丁寧にわかりやく描いている場面が幾度となくあります。誰しも自分の心の中に醜い部分を持っていると思うので、共感させられる場面があると思います。

元自殺未遂常習者たちの心の変化に注目

この作品の登場人物は主人公をはじめ、ほぼ全員が元自殺未遂常習者です。死にたくても死ねなかった人たちだけで共同生活をして生きて行く物語です。ストーリーが進んでいくうちにいろんな登場人物に心境の変化が現れます。そこを意識して読み進めてみると面白さが倍増する作品だと思います。

最終的に自殺島はどうなるのか

ネタバレなしのレビューなので詳しくは書けませんが、最後はちゃんと何らかの形でストーリーに決着がついて物語が完結します。曖昧な終わり方ではありません。最後、自殺島や自殺島で暮らす人たちはどうなるのか?それは最終巻で明かされることになります。

総評

漫画・自殺島の総評


ストーリー  4点

作画・画力  4点
テンポの良さ  4点
オリジナリティ  5点
病み付き度  3.5点
総評 4.1点 / 5点満点
※素人による個人的な見解を元にした採点です。

17巻完結という巻数は1日中読んで、無理なく読み終わるのにちょうどいいサイズだと思います。休みの日に一気に最初から最後まで読みたいという人にオススメです。

作品の設定にオリジナリティがありキレイな作画でとても見やすい作品です。ただ、無法地帯に放たれた人間がどうなるかを描くのに醜い心理描写や性的描写、殺人や暴力シーンは必要不可欠なので度々そういったシーンが描かれています。ですので、暴力的な描写などが出てくる作品が苦手な方にはオススメしません